ジャンパー

ジャンパーを購入する際は試着して肩が落ちていないかが重要です

革素材のジャンパー

「革ジャン」とは革素材のジャンパーのことを言います。ライダーが真冬の冷たい風をしのぐための防寒着というイメージが強いですが、オシャレ着としても人気のアイテムです。革ジャンがほかのジャンパーより優れている点は耐久性だと言われています。強度が高く、使い方によっては生涯着まわすことも可能です。革にもさまざまな種類があるので選ぶ前に知っておくと良いでしょう。
最も流通しているのは牛革です。ハードでハリがあり、風の影響を受けにくくします。ただほかの素材に比べて重いのがデメリットです。ラム革はやわらかく着心地が良いのが特徴で、牛革に比べると耐久性は劣りますが、軽量です。軽さを重視する人はラム革を選ぶと良いでしょう。価格は高額になりますが、山羊も人気です。耐久性に優れているのが利点で、お財布にもよく使われています。
素材がしっかりしているわりにやわらかくて着心地抜群です。また、軽いので長時間着ていても疲れません。ブタ革は特有の香りが特徴で中には敬遠する人もいますが、程よい上品な光沢が受けています。実際に着用してみると見た目では気が付かない魅力が分かると言われているので、ジャンパーを購入する前は必ず試着をしましょう。

経年劣化を楽しめるのが革のジャンパーです

「革ジャン」は、数あるジャンパーの中で最も耐久性に優れています。いくつかの繊維を混合させた科学繊維も防水性に優れているのがメリットですが、やはり天然素材の保温性には及びません。また、特有のあたたかみがあるのも革素材の最大のメリットです。やわらかく体に程よくフィットします。
ほとんどの素材は劣化すると買いかえる必要がありますが、革のジャンパーは経年劣化を楽しめるのが魅力です。使うたびに深みがどんどん増していきます。最近は大きめのサイズを着こなすのが流行っていますが、革ジャンは長持ちするため、流行り廃りのないデザインを選ぶのが無難です。スタンダードなジャストサイズを選びましょう。また、革ジャンの中は薄着が基本です。Tシャツとシャツ、ざっくりとした厚手のニットなど、重ねて着込むという発想は捨てましょう。
革は適度な保温性があり風を通しにくいので、着込み過ぎると動いているうちに蒸し暑くなってくることもあります。また、ジャンパーを購入する前は、試着して肩が落ちていないか確かめることも重要です。肩のラインが大きすぎてしまうと背が高い人はゴツく見えて、背が低い人はいっそう小さいことを強調してしまうので気を付けましょう。

革のジャンパーはケアが大事

「革のジャンパー」をシンプルに着こなすために、カラーは王道のブラックを選びましょう。ホワイト、レッドは個性をアピールしたい人におすすめです。また、革本来の美しい光沢が分かるのもブラックの良いところです。2枚めはブラウンやベージュなどベーシックなカラーを選びましょう。ブラックとはまた違った印象で軽やかなコーディネートに仕上がります。革ジャンの原料は動物の皮なので、水分と油分が不足していると良い状態を維持できません。
革のジャンパー愛好家は着用するたびにオイルケアをしていると言いますが、そこまでしなくても最低年に2回はオイルを使ってお手入れをしましょう。オイルは「レザー専用」を使うのが常識とされています。注意したいのがつけすぎないことです。大量につけすぎてしまうとかえって革に良くないので、量を加減しなければなりません。
1度に全体に広げようとすると、塗りすぎてしまうおそれがあります。前身頃とバック、袖やえりなどパーツごとに少しずつつけると良いでしょう。仕上げには専用のクロスを使います。力を入れて丁寧にする必要はありません。サッとふくだけでOKです。その後は日が当たる場所を避けジャンパーを日陰に干しましょう。


イベントや部活、また企業のユニフォームなどにも使える薄手のナイロン地のジャンパーはいかがでしょうか?こちらを製作している、カメオカでは、質のいい素材を使用しているので、着心地も抜群にいいのです!プリント刺繍なども行っておりますので、あなただけのジャンパーを作成しましょう!

CHOICES CONTENTS

ARTICLE LIST

TOP